実験概要
(必ずお読みください)

■実験主催

国立大学法人 大阪大学 産業科学研究所(弊社は被験者募集事業のみ)

■実験内容

生体認証のためのデータ収集実験実施業務

大阪大学研究プロジェクトチームでは
アバターを安全に利用できる社会の実現に向けた
研究のためのデータ計測にご協力いただける参加者を募集しています

■実施日時

下記申込フォーム内の任意の1日をお選びください。
2024年1月29日から3月29日の間の月曜日・木曜日・金曜日(9時から12時)

【ご注意】

※実験の運営上、遅刻を10分以上されると参加ができませんので、ご注意ください。場所が不安な方は事前にお申し出ください。

※当日、謝礼受け取りにご利用いただくご自身の銀行口座情報をご持参ください(未成年の方は振込先に保護者の方の口座を登録していただくことになります)。


※カラーコンタクトは実験時に外していただきますので、ご注意ください。

■当日ご持参いただくもの

身分証明書(免許証・マイナンバーカード・パスポート・保険証のいずれか1点)、謝礼振込用の口座情報、スマートフォン

■実施場所

大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
大阪大学吹田キャンパス 産業科学研究所
(申し込みいただいた方に、詳細を個別でお知らせいたします。)

■謝礼

4001円(所要時間:約3時間:源泉徴収後・交通費込み)※計測実施日の翌々月末までに大阪大学より振込にて支給

■計測内容

1)全身:顔画像を含む複数方向からの画像
2)継続的マルチモーダルデータ:対話/パソコン操作を継続的に行っている時の、顔/虹彩/手元操作画像・脳波信号・音声等を収集
3)歩行:歩行コースを直進歩行する様子を撮影した映像
4)掌静脈:赤外線スキャナによる両手の掌静脈画像
5)虹彩:赤外線カメラと赤外線照明による複数焦点深度に対する虹彩画像列、並びに、パソコン操作時の虹彩映像
6)声紋:事前に設定したスクリプトの読み上げによる音声データ、並びに、ビデオ会議などにおける対話中の音声データ
7)脳波:ドライ式の脳波計による計測データ
8)生体信号:装着型センサによる心拍などの生体信号
9)署名:ペンタブレットを用いて複数回の署名データを収集

■実験参加者要件(※2023年度の実験参加者は重複実験となりますので、参加はご遠慮ください)

小学生以上 *中学生以下の方の参加は保護者の同伴が必要です。高校生の方は保護者のサインがはいった同意書が必要となります。

①日本語の指示に従って歩行ができ、かつ日本語の文書を理解し、日本語を話すことができる方。
②実験参画にあたり、十分に睡眠をとった上で、体調を整えて参加できる健康な方。
③データ収集実験に関する概要説明を受け、本実験の内容を理解し、参加に同意いただける方。
④実験実施会場における実験参加の受付時から説明時、休憩、実験終了後手続きの様子を撮影されることに同意できる方。
⑤実験時に取得する情報(マルチモーダルバイオメトリクスデータや年齢・性別などの個人情報を含む)の利用、第三者提供に同意できる方。
⑥アンケートを実施する場合には、回答及び回答データの提供に同意できる方。
⑦謝礼受け取りに問題のない方。また、謝礼振込のための口座情報を持参できる方。
⑧実験参加同意書に記載する連絡先、電話番号、メールアドレス等の個人情報を大阪大学に提供し、その情報を含む同意書を事前に印刷することに同意できる方。

お申し込みフォーム

    氏名

    メールアドレス(携帯キャリアメール不可)

    電話番号 ※ハイフンなしでご入力ください

    住所(都道府県からマンション名もご記入ください)

    年齢

    性別

    身長(cm)

    体重(kg)

    緊急連絡先(ご家族や勤務先などの携帯もしくは固定電話)

    希望参加日

    一緒に参加したい方がいらしゃいましたらご紹介ください。 (任意)

    プライバシーポリシー

    当社は、個人情報保護の重要性に鑑み、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドライン等を遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

    当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように従業員への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱い及び安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

    (1)個人情報の取得

    当社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

    (2)個人情報の利用目的

    当社は、取得した個人情報を、当該業務に必要な範囲内で利用します。また、それら以外の他の目的に利用することはありません。

    当社における具体的な個人情報の利用目的は次のとおりです。

    当社の各種商品やサービスの案内・提供のため

    当社及び提携先企業の各種商品や各種サービスの案内・提供のため

    上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等により通知し、またはホームページ(http://officialgrace.com)等により公表します。

    (3)個人データの安全管理措置

    当社は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。

    (4)個人データの第三者への提供

    当社は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人に同意なく第三者に個人データを提供しません。

    法令に基づく場合

    人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。

    公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、公衆衛生の向上又は児童の健全な育成のために特に必要があるとき。

    国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

    (5)センシティブ情報のお取扱い

    当社は、政治的見解、信教(宗教、思想及び信条をいう。)、労働組合への加盟、人種および民族、門地及び本籍地、保健医療及び性生活並びに犯罪歴に関する情報(以下、「センシティブ情報」といいます。)を、次に掲げる場合を除くほか、取得、利用又は第三者提供を行いません。

    業務の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合

    法令等に基づく場合

    人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合

    公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合

    国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合

    センシティブ情報に該当する生体認証情報を本人の同意に基づき、本人確認に用いる場合

    (6)当社に対するご照会

    下記お問い合わせ窓口にお問い合わせください。当社からのEメール、ダイレクトメール等による新商品・サービスのご案内について、ご希望されない場合は、下記のお問い合わせ先までお申し出ください。

    平成27年8月1日制定 平成27年9月16日改定
    株式会社グレイス
    代表取締役 大田 徹

    実験概要に同意し、かつ、プライバシーポリシーに同意する(必須)